お問い合わせ

障害者社会検定とは

障害者社会検定とは、日本語の口話発話読話のレベルに加え、日常生活における礼儀、態度、常識をどれだけ知識として持っているのか、学校、職場、親類や友人等のさまざまな日常の場面を想定したテストです。検定は3級から1級まで。読話、口話もテストに含まれます。

なぜ障害者検定が必要なのか?

障害者社会検定受験の結果を学校、企業、他者に示すことでご自身の努力と実力の証明となります。この仕事がしたい、どうしてもこの学校へ入学したい、そのような想いや経験があると思います。障害者社会検定はそのような時に役立ちます。

日本語の口話と読話というスキルがあると就職活動は80%成功です。職場でさまざまな状況に対応できることが必要であり読話や口話のスキルがベースになって毎日の仕事を支えてくれます。

ジャニティでが自信をもってお薦めしている熟練した講師陣による口話読話の勉強で「言葉」を獲得します。英語の優れたエキスパートである講師からwritingのブラッシュアップレッスンを提供しております。

ご自身のスキルの証明の一つとなる「障害者社会検定」はご自身の社会性がどのくらいであるのか、そのレベルを示すことができる一つの媒体として利用していただきたいと思います。

障害者の社会参加への取り組み

他人とコミュニケ―ションを取るときに、相手をどれだけ満足させることができるでしょうか? 言葉が正しく伝わることで深い会話ができ、筆談がなければスピードが加わりより実りある会話が生まれます。

 

会社勤務の場合:社内や他社との挨拶、たとえば上司との会話や営業で挨拶などのシーン、社内文書作成、上司からの依頼に対する対応、同僚からの対応、頼みごと、謝罪などさまざまなシーンでの適切な対応について知識を持つことは大切です。