お問い合わせ

手話留学・ワーホリ留学・視察研修留学 +何をしたい?

ワーキングホリデー留学であっても、「帰国した後に役立つもの」を準備すべきです。専門学校へ行く、パーティーや集いに参加し社会勉強をする。卒論のテーマ、就活のために希望職種に沿った研修をする。 当社では皆様のご希望に沿ったオーダーメードの留学を企画、提供しております。
<36才の日本女性 理紗さま> オーストラリアに2年間滞在の間に 子供に英語を教える資格と取得、学校や幼稚園などの視察、ボランティア体験、オーズラン手話の勉強、そしてもっと英語を深めるために文法を学ぶといろいろな勉強をしました。

オーストラリアで留学体験

オーストラリアではシドニー、メルボルン、パース、ブリスベン等が主要都市です。日本人が多く、温暖で過ごしやすいです。南半球の大陸らしく人々はおおらかです。日本との時差は数時間であり飛行距離も比較的短いので行きやすい国です。「オーストラリアに留学」と考えたときに、お勧めするのがワーキングホリデーです。年齢制限あり、逆に、その年齢の範囲であれば今しかできないことをするべきです。

 

 

ワーキングホリデー : ワーホリと呼びます。1年間の滞在ですが、延長ビザを志願すれば2年間滞在することができます。その後学校へ行くお客様もいます。
ワーキングホリデー+語学学校
ワーキングホリデー+手話を学ぶ
ワーキングホリデー+スペシャルスクールでスキルを学ぶ
ワーキングホリデー+障害や福祉関係の研修あるいは他の分野の研修をする
これらに国際交流の一つとしてパーティーや障害者達との集い、健常者たちとの集い等いろいろご案内しております。 ホームステイをされる皆さまやシェアをしてアパートメントに住むお客様もいらっしゃいます。他に親子留学や正規大学留学があります。

アメリカに留学して何かを学ぶ

アメリカではハワイ、ニューヨークが人気です。「ハワイ」は飛行距離が短く、ワイキキではメジャーホテルのカウンターに日本語を話す人が必ずいます。日本人旅行者もダントツに多く、常夏の青い空と海が人気の南国の楽園です。 「ニューヨーク」は摩天楼の大都会であり、プロフェッショナルになりたい意欲的なお客様が比較的多く渡航されています。


ファーム農業留学 :のんびりとしたファームでの生活が新しい自分発見の舞台です。「ファーム農業龍留学」は発達障害、ADHD、聴覚障害の皆様も参加しています。農作業で必要な大まかな英語は弊社講師と渡航前に学びます。市場(ファーマーズマーケット)、オーガニック、野菜の扱い方、種の巻き方、収穫など「アメリカのAgriculture」を実体験を通して学びます。


視察研修プログラム:たとえば「障害や福祉関係」の分野が希望であれば障害者や老人、恵まれない子供達の環境を見学します。その国の資産が社会的な弱者にどのように使用されているのか、現在の日本に足りないものは何だろうか?いろいろな角度から体験した内容をレポートにまとめそして研修終了証明書をもらいます。


アメリカ手話短期留学 :アメリカ手話を現地の先生から学ぶコースです。アメリカ手話を習うだけではなく、その街の生活全般の知識が広がり楽しいです。 ハワイ編 ニューヨーク編


専門スクールコース  :専門知識や専門技術を学ぶプログラムです。お料理、美容関係、バリスタや整体マッサージは人気です。日本で就職する人は90%以上、海外在住する人は10%以下です。


プチ親子留学コース :障害のあるお子さんの可能性を少しでも広げてあげたい。アメリカ手話を習っていくことで子供の時から国際化を体験できる。お母さんと一緒で安心のプチ親子留学でお子さんの未来に新たな1ページを開く。


大学へ短期留学するショートコース:サマースクールなど、ある一定期間のクラスに参加します。短期ですがみっちりと学べるコースです。TOEFLは決められた得点必須。


大学へアメリカ手話正規進学:ASL:アメリカ手話をみっちりと学び学位取得するコースです。学生ビザ必須。大学やコースによっては卒業時に通訳の資格などが取れるプランもあります。